www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from naotoseximum. Make your own badge here.
« | 2005/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

セキシマム

セキシマム



ダウヂング同好会/dowding-club
THE HELICOPTERBAND
khun sa 
白象 
ダウヂノイザズ(ダウヂング同好会+アウラノイザズ)
etc,


ダウヂング同好会@myspace

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順をおって

先週は怒涛の一週間ですた。

全文を表示 »

スポンサーサイト

それで、

でもって11月は11日に横浜トリエンナーレ2005で演奏があるわけですが。

ナカニワミュージックナイト
http://www.yokohama2005.jp/jp/eventcalendar_lnov.php#1111

ここにでる出品作家のピュ~ぴると言う人がどういう音演をするのか非常に興味があるのです。


僕は楽器と機材のシステムをしっかり組みなおして発音の構造とかをより厳密にセッティングしなければナランチャギルガ。



そんでもってその次のライブも最早決まっとります。
トリエンナーレの5日後の11月16日。今年夏に演奏した狂乱超絶な廃工場の八広hightiで!!→写真
メインはマニノイマイヤーというドイツ人パーカッションと渋さ知らズオーケストラのダンサーの松原東洋、チューバ担当の高岡大祐というお二方。
そうです。普通にプロミュージシャンです。しかもいい感じにマニアックで。吹奏楽出身の僕はいかれたチューバというのは大変好きです。こちらも詳細近日更新します。

さけ

先日の白象のライブの音源
hakuzou.mp3
改めて聴きなおすと全体的に「夕暮れ」が漂ってるような いろんな意味で
そうそう秋は夕暮れ


タニガミサンまた苦行のごとき変行始めたらしい
http://tanigami.sub.jp/speechless/



最近のライブによく来て、ビール掻っ攫いつつ僕らの写真を退廃的に
撮ってくれてるダブビアなカメラーの伊藤さん、
なんとフィッシュマンズ展→http://nug.jp/fishmans.html
に参加とのこと

ダブビアーな写真→http://www.flickr.com/photos/dubbeerman/

ヨダレがでますな 僕も負けてられませんな 家にも居れませんな
フィッシュマンズバカは是非是非






胸焦げる

今日一日横トリのあわせと演奏の話をやっていたせいか、夢に出る。
ポジティブうなされ(胸焦がされ)が起こり超興奮状態で起きる。

http://www.774.cc:8000/upload-mini/src/up0080.mp3

おなじみ某ブログにて拾う。

笑う。

寝る。

(多分。)

できちゃった

200511091828000.jpg

200511100823000.jpg

200511100924000.jpg

200511100924001.jpg


4本目完成。
ネック外して駒やら移動させただけだけどね、けっこう大変なんですよ。
駒の高さしっかり調節しないと弦高もテンションもまったく違っちゃうしね。

分解だってさ、ギターみたいにねじ止めじゃないからもう大変。
ボディの部分も何かに使いたかったから、
彫刻刀で丁寧に丁寧に削りだして。。。と思ったけど時間ないのでさくさくと。

もう分解と言うより破壊。

で、最終的にボディは↓

200511100953000.jpg


お前の死は無駄にはせん。

できちゃった2

DSCN0086.jpg

DSCN0087.jpg


エフェクター機材の足回りもばっちし。

使い勝手もなおよし。

そのまま渋谷で朝まで漫喫したあとその足で八広hightiへ打ち合わせに。


http://highti.s147.xrea.com/e/emg.html

今度はこれですよ。渋さ知らずの人たちですよ。

僕等はおまけです。でもしっかり演奏します。


タニガミサンはたどり着いたのかな?

「クッッ。。。」

かみのまにまに

マニノイマイヤーナイト@八広highti終了しました。
底冷えのする廃工場がだんだんと人と音に温められてく感じがすばらしかったです。
というかプロのプロさはすさまじい。渋さの高岡さんは循環呼吸ありマウスピースこすりあり重音有歌声あり。
舞踏は動く石膏像。最初ちょっとオバQなかんじだったが。
筋肉の陰影がすごいすね。はい。
マニさんはね、1940年生まれというと僕が精子だった以前からかつどうしてたということで、
自分もあの領域にいけるんだろうかとふと思ったり。
そりゃ自分も即興を本気でやるなら2,30年は軽くかかりますが、まーそれは2,30年後にやればいいので、今はマニさんセッションで得たもんを
次に生かそうとなったわけですな。
お客さんもいっぱいだったし料理がとてもおいしくて、かつソムリエさんがガチで酒つくってたのにはびっくり。
来てくださった皆さんどうもありがとうございました。

やっと夏からのスケジュールが一段落しましたが、また今週末の土日は東京外大のジャズ研のライブに自作楽器で参戦です。重いです。
最近肩がしびれます。

動画よ

13.jpg

横浜トリエンナーレの動画です。
僕らの動画というのはけっこうレアです。多分。

動画1
動画2

外語祭

土日は学園祭へ。ジャズ研のライブに楽器持って参加してきました。
編成も普通に楽器隊がいるので好き勝手と言うわけにはいかないようないくような。
しかしとても面白かったです。

お世話になってるjust-musicの知り合いが10$てイベントやってて
二日目を見に行きました。
3rd person今回は大変かっこよかったですはい。
元気いいぞうはツボりました。
ミドリはとてもかっこよくて、自分が高校の頃だったら
間違いなくはまってたでしょうけれども、
しかしながら、もっといかれた女の人を知ってるので、衝撃!!とまでは。
それより自分は悲鳴のこずえ嬢のプレイと年齢にマゾ気をくすぐられてました。
一日目の水中、それは苦しいとパニックスマイルが見られなかったのがちと悔やまれるす。

ドリル、ICCと行ってきたわけですが、

やっと最近になり演奏も一段落したので、足並みは軽くいかなければという事で、
土曜日はドリル@浅草ステラ、日曜は学生コンソーシウム@iccと行って来ました。

全文を表示 »

ドリルの11月号レポ

PICT0089.jpg

PICT0110.jpg

ということでドリルレポです。
ドリルと言うのはなんぞやというと、
毎月一回浅草のクラブstellaで繰り広げられる、学校と言う形態の
イベントなわけです。毎月「先生」という形で、メディアアート、サウンドアート、現代美術など
各分野の人たちを先生に迎え、客は生徒と言う形で、やもすれば
不透明なここら辺の業界の入り口としての授業をしてくれるわけです。
また先生といっても実際に教鞭をとってるわけではなく、その道その道の現役の人たちが、ジャンルを越えて
作品周辺の問題をライブを含めて分かりやすく説明してくれてまして、こういう世界にとっかかりのない
人たちにもとても入りやすいパーティーなわけです。

全文を表示 »

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。